XMでVPS(リモートデスクトップ)の無料利用方法と解約方法

XMユーザーなら無料VPS(リモートデスクトップ)を利用するとお得

新米EAトレーダー
XM会員ならVPS(リモートデスクトップ)が無料で使えるという噂を聞いたのですが。
アルパカFX
はい!本当ですよ!私も無料で使っています。

XMでリモートデスクトップ(VPS)が条件をクリアすると無料で使えることをご存知でしょうか。

XMでVPS(リモートデスクトップ)を無料で利用する



 

XM VPS – 高速接続による素早い取引執行

XM VPSは、光ファイバー接続にて、ロンドンの弊社データセンターからわずか1.5kmのところに位置するバーチャルプライベートサーバー(VPS)へ遠方からでもご接続いただけるものです。 こちらのサーバーをご利用いただくことにより、インターネットの接続速度やコンピュータの不具合、停電などに煩わされることなく、XMの比類なき執行力を最大限にご活用いただくことが可能になります。

XM VPSを介すると、お客様のEAを監視したりパソコンの電源を入れる必要すらなくノンストップで稼働させることができます。 XM VPSサービスにより、1.5 GB RAM、 20 GBのハードドライブ容量、600 MHzの安定したCPU電源によるWindows 2012サーバーにアクセスしていただけます。

ということで、とにかく早いようです。

実際には、日本からロンドンに接続することになるので、体感的にはやや遅い感じがしますが、EAからの指示は、間違いなく日本のサーバーから行うより確実です。

個人的には、無料云々よりこれがいいなと思って使っています。

VPSが利用できる条件

最低金額(有効証拠金‐クレジット)USD 5,000以上或いはその他の通貨での相当額を維持され、1か月に最低でも5ラウンドターンロット 以上のお取引があるお客様は、会員エリアからいつでも無料で VPSサービスをリクエスト頂けます。無料VPSサービスのご利用にあたり、同じメールアドレスでご登録された他の取引口座も合算して計算致します。

上記の要因を満たす環境をお持ちでないお客様も、会員ページからXM VPSにお申込みいただければ、毎月に第一営業日に MT4/MT5口座から自動的に引き落とされる28USDにてご利用いただけます。

こちらも引用になりますが、5000ドルなので、約56万円(112円の場合)程となります。

また、5ラウンドターンロットなので、1ロット(10万通貨)の取引を5回行えばOKとなります。EAを利用している場合は、割と簡単に行くのではないでしょうか。

同じメールアドレスでご登録された他の取引口座も合算して計算

これが魅力でして、1つのメールアドレスに追加口座をたくさん用意して、その各口座の合算でいいというのは魅力的です。

1口座10万円 × 6EAを運用 とかでも問題なく利用できる形になります。

他とランニングコストを比較する

有名なのが、お名前.comになります。

お名前.com のコスト

1GB 2,400円/月 25,920円/年

2GB    4,003円/月 50,229円/年

 

XMのメモリは1.5GBなので、ざっくり間をとっても、年間約35,000円浮く形になります!VPSは前払いでまとめて払うこともあることを考えると、最初から無料で使えるのは美味しいですよね。

 

XM VPSの申込み方法

アカウント開設後は、以下のリンク先から申し込みます。

https://my.xmtrading.com/jp/member/mt4vps

リクエストは、5000ドル以上あれば無料で申し込みが可能。

5000ドル以上ない場合は、28USDが必要なります。28USDが入っていない場合は、下記のように入金ページへ遷移します。

XM VPSの解約方法

XM VPSが不要になった場合は解約する必要があります。

最初やり方が分からなかったので問い合わせをしてみました。

ということで、こちらから解約が可能です。

https://my.xmtrading.com/jp/member/mt4vps



おすすめのVPSランキングはこちら!

  • お名前.comデスクトップクラウド
    4.5



    長年運用されてきたVPSですが、2019年フルリニューアルされSSD搭載、Windows Server 2019採用と性能が大幅に向上しました!
    24時間365日有人監視で安定した稼働が期待できます。MT4特化型の高性能VPSです。

  • ABLENET(エイブルネット)
    4.5

    SSDの場合、初期費用に1800円かかりますが、年間払いで1月あたり1600円と、他のVPSに比べて安いことも魅力的です。

  • ConoHa(コノハ)
    3.5

    どちらかと言うとエンジニアが利用するVPSサーバーのイメージが強いのですが、最近リモートデスクトップ対応も始めました。
    Conohaは比較的新しいシステム構築がされていることも速度的に良好な点が特徴です。
    リモートデスクトッププランだとやや高くなってしまいます。

VPS(リモートデスクトップ)の比較を知りたい場合はこちらの記事をご参考下さい!

関連記事

 新米EAトレーダーMT4で自動売買(EA)トレードを始めると、必ずリモートデスクトップ(仮想デスクトップ)という言葉を耳にするんですけど。。アルパカFXサーバー会社が24時間管[…]

シストレi-NET
トレイダーズ証券[みんなのFX]