FXシストレ比較2019!あなたはリピート系?ストラテジー系?

 

新米EAトレーダー
FXでシストレ(FX自動売買)始めたいんだけど、お薦めありますか?
アルパカFX

FXのシストレには、大きく2つのタイプがあるんですけど知っていますか?

  • 証券会社が行ってくれるシステムトレード
  • 自分で選んだEAをMT4に設定するシステムトレード
新米EAトレーダー
何が違うんですか?

 

アルパカFX
証券会社が提供してくれるシステムトレードは、口座にお金を入れると全部自動でやってくれます。反対に、MT4を使った自動売買は、自分で自動売買ソフトを買って、パソコンに設定する必要があります。
新米EAトレーダー
スマホしか持っていないし、自分でやるより証券会社に任せた方が安心なんですけど。
アルパカFX
そんな場合は、FXのシストレを提供してくれる証券会社で始めるのが良いですね。各証券会社が様々なシストレを提供しているので見てみましょう。

 

FXシストレ(システムトレード、自動売買)とは?

FXでお金を増やしたい。でも自分でトレードするには力量が足りない。

そんなときには、シストレをおすすめします。

シストレとは、システムトレードや自動売買と言ったりします。有名なものに、ループイフダンや、トライオートFX、シストレ24などがあります。

これらのサービスは、FX証券会社で口座を開設すると、入金後は自動で売買を行ってくれるようになります。

シストレの何よりのメリットは、手軽に投資を始めることができる点です。特別な技術は必要なく、証券会社に任せておくだけです。

MT4を使った自動売買との違いは?

MT4を使った自動売買のメリットとデメリット

よく、混同されるのが、MT4を使った自動売買です。

こちらは、証券会社が用意したシステムトレードサービスではなく、あなたが実際に自動売買ソフト(EA)を購入して、パソコンにMT4(MetaTrader4)と呼ばれるチャートソフトと一緒に動かすものです。

MT4を使った自動売買のメリットは、証券会社のサービスとは違い、世界中の開発者が制作したソフトを自分で運用できることです。

デメリットは、まずパソコンが必要にな点です。設定を行う必要もあるため、初心者には少しハードルが高いかもしれません。

もう一点のデメリットは、自動売買ソフトが有料な点です。そのため、自動売買ソフトを買ったにもかかわらず、負けてしまった場合は、2重の損失になってしまいます。

その点、証券会社を利用したシストレですと、ソフトは無料で利用ができますから安心して始めることができます。

新米EAトレーダー

MT4を使った自動売買(EA)は、複数のソフトを使って、運用を行なうので、野球チームの監督みたいな感じですね。

証券会社を使った自動売買(シストレ)は、野球チームのオーナーですね。シーズンが始まったら、後は全て任せる感じです。

アルパカFX
良い例えですね。どちらも自動で売買をやってくれますが、やはりPCの用意が必要かどうかは大きな違いと言えそうです。

 

シストレ(自動売買)のメリットとデメリット

FXのトレード技術が必要ない

シストレの最大の魅力はFXの技術や知識がなくても、始められることです。

更に、MT4自動売買の用に、パソコン設定といった、技術的な知識も必要ありません。

口座開設を行った後は、自分の好みに合った投資スタイルを選択すれば、後は証券会社が用意した最高のシステムが自動で売買を行ってくれます。

また、通常のトレードであれば、技術の他に、資金管理も必要ですが、こちらも自動売買側が管理してくれますので安心して任せられます。

シストレの魅力は感情に左右されない

シストレ(システムトレード、自動売買)には、一般的な裁量トレードに比べ、システムが行ってくれる分、感情による失敗が0になります。

よく、ギャンブルをして負けた場合、取り戻そうと思って、ロットを上げてみたりしたことはないでしょうか?裁量トレードには、どうしてもこの感情が入ってしまうため、メンタルコントロールといった欲求の制御が必要になります。

ところがシストレであれば、この欲求のコントロールは一切必要ありません。なぜなら、システムが全てのトレードを行ってくれるからです。

相場で長く利益を出し続ける点においても、シストレは魅力的であると言えます。

 

新米EAトレーダー
何回、感情に任せてトレードを失敗したことか。。。

自然災害やテロなど予期しない損失が発生する

シストレでは、一般的に、自然災害やテロ、要人の発言など、市場に大きな影響を与える事象に上手く対応できないというデメリットがあります。

当然各社、これらに備えて、エントリーロジックを調整していますが、100%運用でカバーできるとは言い切れません。

しかし、このデメリットは裁量トレードに限らず、全ての投資事業に対して、同様のことが言えます。

不動産投資であれば、地震や災害で土地の価値が下がりますし、株投資であれば、広告塔の芸能人の不祥事で株価が下がったりと、予測しない事象に備えることには限界があります。

総選挙等、事前にわかりそうなイベントであれば、システムを停止等で対応が可能です。

シストレを検討する際のポイント

シストレには2つのタイプがある

シストレですが、大きく2つのタイプがあります。

一つはリピート系注文タイプです。

リピート系注文タイプは、一定のルールに基づいて売買を行ってくれます。有名なサービスとしては、マネースクウェアのトラリピです。

もう一つはストラテジー選択タイプです。

ストラテジー選択タイプは、様々なシステムトレードプログラムをご自身(またはシステム)で選択して運用していくタイプです。プログラムごとに売買ルールが異なります。有名なサービスは、インヴァスト証券の「シストレ24」です。

以下で、2つのタイプについて説明をします。

アルパカFX
リピート系注文タイプとストラテジー選択タイプについては、口座開設前に理解しておきましょう。

リピート系注文タイプとは?

リピート系注文とは、最初に設定しておいた価格になったら注文が約定(売り買いを行なうこと)します。

そして、最初に設定しておいた利益(例えば0.1円)が乗ったら自動で決済してくれます。(これをイフダン(IF-DONE)といいます。)

毎回、注文と決済を行うのは大変なので、これをシステムに自動でリピート発注してもらう仕組みが、リピートイフダンと呼ばれています。

リピート系注文とは、この売買を繰り返す設定を指し、更に各社が独自で取り入れた手法を使って、利益を上げていく仕組みになります。

リピート注文については、マネースクウェアのトラリピというサービスが動画でわかりやすく説明してくれています。

ストラテジー選択タイプとは?

ストラテジー選択タイプとは、世界中のプロの投資家や開発者が作成したプログラムを選んで利用できるタイプです。

システムトレードプログラムを、自身で選択できるタイプから、最近では、シストレ24のように、プログラムも全て自動で取り替えてくれるタイプ(フルオート)のものまであります。

ストラテジー選択タイプは、リピート系注文の用に決まったルールではなく、プログラムごとが、独自の売買ルールに従ってトレードを行います。

プログラムには相場によって強いもの、弱いものがありますので、フルオートタイプに任せてしまえば、相場分析の技術も一切不要になります。

リピート系注文タイプ

ループイフダン [アイネット証券]

ループイフダンは初心者向けのFX自動売買と言われています。

その一番の理由が、設定の簡単さ。

通常、リピート系注文の場合は、売り買いを行なう値幅のパラメーター設定や、いくらのレンジ内で取引を行うかと行った細かな設定が必要になります。

しかし、ループイフダンの場合は、予め用意された選択肢の中から売買システムを選ぶことが可能です。

図のように、自分の資金の範囲内で好きなペアを選ぶことができます。

「ループイフダンS20」という売買システムがあります。これは以下の意味となります。

S:ショート(売り)のみを行なう
20: 20pips毎の値幅で売り買いを行なう

買いの時は「B20」等になります

アイネット証券のループイフダンは手数料が無料

まず、手数料が無料です。手数料というのは売買を行なう毎に必要なコストを指します。

他社の場合、この手数料が必要な場合があるのですが、アイネット証券のループイフダンでは手数料が無料です。

アイネット証券のループイフダンはスプレッドは狭い

各通貨ペアのスプレッドが低いことも特徴です。

よくあるのが、スプレッドを広く取るか、手数料を取るかです。アイネット証券のループイフダンでは、手数料が無料な上に、スプレッドが狭く、他社に比べて圧倒的に低コストなのが特徴です。

通貨スプレッド
ドル円2銭
ユーロ円3銭
ポンド円5銭
豪ドル円4銭
ユーロドル2pip

 

 

トライオートFX [インヴァスト証券]

トライオートFXはインヴァスト証券が提供しているサービスです。

スプレッドが、通常のFXと同じぐらい低いことが魅力です。

2つの自動売買ロジックから選択が可能

レンジ向きの自動売買ロジックと高金利通貨向きの自動売買ロジックから選択することが可能です。

レンジ向き「コアレンジャー」は、レンジ帯をコアレンジ帯とサブレンジ帯の2つにわけ、コアレンジ帯では細かく売買するように設定、サブレンジ帯はコアレンジから外れたときに値戻りを期待して大きく利益を取ることを目的として設定されています。

高金利通貨を対象とした自動売買ロジックです。高金利通貨の値動きの特徴を捉えて右肩下がりのトレンドで短期の反発を狙えるように設定がされています。高値掴みしてしまった注文はスワップが入ってくるという仕組みです。

トラリピ [マネースクエア]

トラリピはマネースクウェアが提供しているサービスです。

リピート系注文の中でも、リピートイフダンを何本にもわたって罠(トラップ)を仕掛ける用に取引設定を行なうことからトラップリピートイフダン=トラリピと呼ばれています。

1クリックで注文ができる

リピート注文は細かい設定が必要に見えますが、トラリピでは、複数の運用モデルを用意しており、選択することで、1クリックで設定をすることができます。

煩わしい設定をしなくとも運用が開始できるのは大きな魅力です。

スマホでもトラリピを確認できる

スマホでもトラリピの状況や設定の変更が可能です。ちょっとした空いた時間に市況の確認や、チャートを触って直感的に設定を行ってみましょう。

ストラテジー選択型タイプ

シストレ24 [インヴァスト証券]

シストレ24は、インヴァスト証券が提供しており、2011年からサービス開始しています。約8年にわたって、今でも人気のシステムトレードです。

ストラテジー数が多く6000種類以上

シストレ24の魅力はなんと言っても、システムトレードプログラムが6000以上も存在するということです。

これだけたくさんのシステムトレードが抱えられるのはインヴァスト証券が、長年システムトレードにこだわってきたことの証と言えます。

世界中から集まった優秀なシステムを組み合わせて、利益を上げていきましょう!

最高の組み合わせを作ったユーザーから設定をコピーできる!

とはいえ、6000ものシステムから最高の組み合わせを見つけることは困難です。

インヴァスト証券のシストレ24では、他人の作った組み合わせをもらうことができます。「俺のフルオート」機能により、他の人が一生懸命考え、実績を出している組み合わせをもらうことができるのです。

中には年間収益率が200%以上の設定もあるそうですよ!

 

みんなのシストレ [トレイダーズ証券]

みんなのシストレはトレイダーズ証券のサービスです。

結果の出ているトレーダーのストラテジーを参考にすることができる、参加型のシストレです。

優秀なトレーダーの組み合わせを参考にしながら、あなたオリジナルのストラテジーの組み合わせを作ることができます。

シストレを運用しているユーザーの成績と組み合わせが見れる

シストレの魅力は、他のユーザーをフォローすることができる仕組みです。

既に運用中のユーザーを見ることができますから、気になったユーザーの使用しているストラテジーを

運用成績をシュミレーションできる

みんなのシストレでは、システムを運用する前に、事前にシュミレーションにて成績予想を確認することができます。

成績の良いユーザーの利用しているストラテジーを組み合わせて、パフォーマンスシュミレーションをしてみましょう。

パフォーマンスデータは、過去20営業日の決済取引を元に行っています。

 

アルパカFXがオススメする自動売買は、「トライオートFX」です。

リピート系自動売買なので、知識や経験がなくても運用ができます。

また、MT4やVPSといった事前準備も不要な上、証券会社の違いによる誤差もありません。

口座開設と設定も簡単ですので、まずはアカウントを作って少額から始めてみましょう。

 

トライオート

シストレi-NET
トレイダーズ証券[みんなのFX]