ABLENET(エイブルネット)の評判と検証!格安VPSをお探しなら一択!!

FX自動売買をMT4/MT5で始めると、必ず必要になるのがリモートデスクトップ(仮想デスクトップ)(VPSの画面が使えるバージョン)です。

そんな24時間MT4を動かせるWindows環境のリモートデスクトップを提供しているのが、ABLENET(エイブルネット) です。

今回は、ABLENET(エイブルネット)の評判と検証を行ってみます。

国内最安値と評判の実力や如何に!?

 

ABLENET(エイブルネット)とは?

老舗レンタルサーバーとして実績のある会社です。特にVPSサーバーがメインとなります。

2018年に20周年を迎えた会社なだけにサーバーの安定感には定評があります。

サイトを見ると古臭さを感じてしまうかもしれませんが、現在リニューアル準備中のようです。

 

ABLENETの一番の魅力といえば、初期の頃からSSD(HDDよりも処理が早い装置)が利用できるのに安価だった点にあります。

1GBのメモリを搭載したWIn1プランでなんと1600円と、他社に比べて圧倒的に安いんです。(お名前.comだと1GBプランで2160円)

 

気になるスペック別の価格帯は?

ABLENETのおすすめはWin2のメモリ2GB

MT4で複数のEAを運用するなら、Win2のSSDタイプがお薦めです。

アルパカFXはこのWin2で2台のMT4と8個のEAを運用していました。

SSDのため初期費用がやや高額になってしまいますが、年間更新の場合、月額2384円と、お名前.comデスクトップクラウド for MT4の1GBとコストが近くなります。

内訳:(年間24915円+初期費用3700円) /12ヶ月

料金Win1Win2Win3Win4
初期費用
(SSD) / (HDD)
1,800円
0 円  934円
3,700円
1,886円
4,900円
2,839円
7,800円
4,743円
年間更新19,200円
(月額1,600円)
24,915円
(月額2,077円)
44,343円
(月額3,696円)
66,058円
(月額5,505円)
6ヶ月更新10,743円
(月額1,791円)
13,600円
(月額2,267円)
24,458円
(月額4,077円)
35,886円
(月額5,981円)
1ヶ月更新1,981円2,553円4,362円6,458円
仮想CPU2コア3コア4コア5コア
メモリ1GB2GB4GB8GB
ディスク容量SSD / HDD60GB
100GB
120GB
100GB
150GB
200GB
150GB
200GB
回線200M 共用

回線速度が他社のVPSの2倍!

ABLENETの凄いところは回線速度ですね。回線速度は、ダウンロードしたりするときの速度です。

他社の多くは200Mbpsがほとんどなんですが、なんと200Mbpsです。

MT4を利用するという観点では、100Mbpsもあれば十分なのですが、何かこのVPS内で作業する場合は早いに越したことはないですね。

お名前.comデスクトップクラウド for MT4と比較

 

SSD前提で1GBと2GBを比較した場合を表にしました。

FX自動売買を始めたばかりの方は1GBをご参考に、4つ以上のEAを動かす方は2GBを参考にしてみて下さい。

実は、コストだけでなくスペック的にもABLENETのほうがスペックが高いです。

お名前.comデスクトップクラウド for MT4は2019年にフルリニューアルを行ったことで、OSが最新の Windows Server 2019になったことが特徴ですね!

メモリ1GB SSDで比較した場合

メモリ1GBで比較すると、スペック面でABLENETに軍配が上がります。

Windows Server 2019のOSを持つお名前.comデスクトップクラウド for MT4ですが、やはりCPU1コアなのは惜しい。

 メモリ 1GB
料金ABLENETお名前.com
初期費用 SSD1,800円 初期費用無料
年間更新19,200円
(月額1,600円)
25,920円
(2,160円/月)
初期費用+年間含めた月額費用(1年目) 1,750円2,160円
OSWindows Server 2016 Windows Server 2019
仮想CPU 2コア1コア
ディスク容量SSD 60GB50GB
回線速度 200Mbps100Mbps

 

メモリ2GB SSDで比較した場合

メモリ1GBで比較すると、コスト面でABLENETに軍配が上がります

CPUはそれぞれ3コアと性能的には大きく差はなさそうです。コストがヤバすぎですね^^;

 メモリ 2GB
料金ABLENETお名前.com
初期費用 SSD3,700円 初期費用無料
年間更新24,915円
(月額2,077円)
50,280円
(4,190円/月)
初期費用+年間含めた月額費用(1年目) 2,384円4,190円
OSWindows Server 2016 Windows Server 2019
仮想CPU3コア3コア
ディスク容量SSD 120GB100GB
回線速度 200Mbps100Mbps

 

ABLENETのデメリットは?

アルパカFXはABLENETを4年間利用しているのですが、特に困ったことはありません。

ABLENETはメールサポートのみで、電話によるサポートは受け付けていませんが、正直電話することもないかと。。

電話サポートが欲しい場合は、お名前.comデスクトップクラウド for MT4がお薦めです。

 

また、バックアップサービスはついていませんので、万が一システム障害でサーバーが壊れた場合は、自分でMT4の設定を行う必要があります。

しかし、正直これもあまり必要ないかと思います。なぜなら、MT4の設定ってそんなに複雑なことしないですよね。

気になる評判や口コミは?

ツイッターなどを見ても概ね好評な印象です。

ポジティブな口コミ
東京都:アルパカFX

2GBプランを4年間利用していますが特に問題が発生したことはありません。

サーバーの速度も安定しており、MT4のトレードで何か遅延が発生したこともありません。

月額費用が2000円台前半で抑えられるのがいいですよね!海外のリモートデスクトップも利用したのですが、日本で画面を開く時にどうしても遅延するのが使いにくかったです。

ヨーロッパの約定サーバーには少し距離がありますが、国内から利用する以上、国内のVPSの方が利用勝手が良いのではと思います。

 

ネガティブな口コミ

秋田県:海外FX LOVERS

海外FX口座のTitanを利用しています。やはり、ヨーロッパにサーバーがある以上、国内のVPSではやや遅いため、ヨーロッパに拠点がある海外VPSの方に目が行ってしまいます。

正直、日本のものでないので、運用面で不安は残りますが、1日数十回トレードを行なうスキャルピングEAのため、スリッページを懸念して今回は見送りました。
国内FX業者を利用する場合はまた検討します。

 

まとめ MT4でEA動かすならABLENET

ABLENETのメリットとデメリットは伝わりましたでしょうか。

MT4でEAを動かす場合は24時間ネットに接続されている環境が必要になります。

この環境のスペックはEAの運用に欠かすことができません。ここを疎かにすると、大事なエントリーやクローズのタイミングでMT4自体が動いていなかったということにもなりかねません。

ABLENETであれば、低コストでハイスペックのリモートデスクトップ(VPS)が利用可能になります。

是非、実際に利用してみて下さいね! 10日間の試用期間付きです!

 

 

 

おすすめのVPSランキングはこちら!

  • お名前.comデスクトップクラウド
    4.5



    長年運用されてきたVPSですが、2019年フルリニューアルされSSD搭載、Windows Server 2019採用と性能が大幅に向上しました!
    24時間365日有人監視で安定した稼働が期待できます。MT4特化型の高性能VPSです。

  • ABLENET(エイブルネット)
    4.5

    SSDの場合、初期費用に1800円かかりますが、年間払いで1月あたり1600円と、他のVPSに比べて安いことも魅力的です。

  • ConoHa(コノハ)
    3.5

    どちらかと言うとエンジニアが利用するVPSサーバーのイメージが強いのですが、最近リモートデスクトップ対応も始めました。
    Conohaは比較的新しいシステム構築がされていることも速度的に良好な点が特徴です。
    リモートデスクトッププランだとやや高くなってしまいます。

VPS(リモートデスクトップ)の比較を知りたい場合はこちらの記事をご参考下さい!

関連記事

 新米EAトレーダーMT4で自動売買(EA)トレードを始めると、必ずリモートデスクトップ(仮想デスクトップ)という言葉を耳にするんですけど。。アルパカFXサーバー会社が24時間管[…]

シストレi-NET
トレイダーズ証券[みんなのFX]