家に余っているwindowsPCをリモートデスクトップにする方法

家に余っているPCをリモートデスクトップにする

FX自動売買を始めると必ず必要になるのが常に動いているPCです。

また、自動売買ツール(EA)やインジケータの検証に必要になるのが、スペックが高くハードディスクの容量が大きめのPCです。

今回は、Macを普段使っていて、家に余っているWindowsPCがある方向けに書いています。

リモートデスクトップとは

リモートデスクトップとは、自分の使っているPC上に、別のPCの画面を表示し、操作を行えるようにすることです。有名なアプリが、Microsoftが開発したMacアプリ「Microsoft Remote Desktop」です。

これを利用して、別のPCへ接続します。

Microsoft Remote Desktop – Microsoft Corporation

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ビジネス
© Microsoft Corporation. All rights reserved.

リモートデスクトップ設定手順

自分のPC側(今回だとMac)と相手のPC側(今回はWindows)の両方に設定が必要になります。

1.相手側のPCの設定をする

Windows8 Pro やWindows10 Proの場合を記載します。なお、Windows8HomeやWindows10Homeには、リモートデスクトップ機能はついていません。「Pro」版、または「Enterprise」エディションである必要があります。

Windows8HomeやWindows10Homeで接続したい場合は、下記を参照してください

1-1. リモートコントロールの許可をする

コントロールパネル > このコンピューターへのリモートアクセスの許可 > システムのプロパティ >リモートを開きます。

リモートアシスタンスの、「このコンピューターへのリモートアクセスの許可」をクリック。

新しい画面が出たら「リモートデスクトップ」欄の「このコンピューターへのリモート接続を許可する(L)」にチェックを入れます。

1-2. windowsPCのIPを調べる

Windowsの検索で「cmd」と入力。コマンドプロンプトを立ち上げます。

ipconfig と入力すると、IPv4アドレスと言うものが表示されるので、そちらをメモしておきます。これが、接続先のIPとなります。

2.自分のPCの設定をする

2-1. 「Microsoft Remote Desktop」アプリを入れる

Microsoft Remote Desktop – Microsoft Corporation へ移動し、自分のPCにダウンロード、インストールします。

2-2.  相手のPCのIP、ユーザ名、パスワードを入れて接続

アプリを起動し、Newボタンを押して、新規で作成します。

1で調べた相手側のIPとユーザー名、パスワードを入力します。Editを閉じると、My Desktopsに作成した接続先が表示されますのでダブルクリックします。

Windows8Home, Windows10Homeを使っている場合のリモートデスクトップ

実は、Homeでもリモートデスクトップは出来ます。そのかわりひと手間加える必要があります。

RDP Wrapper Libraryをインストールする

  1. 最新バージョンのバイナリを Releases からダウンロードして、解凍する。
  2. update.bat を右クリックして、コンテキストメニューから『管理者として実行』を選択する。(実行中はコンソールが表示されます。)
  3. 『続行するには何かキーを押してください...』と表示されれば完了。

RDP Wrapper Confを設定する

  1. インストール時に解凍したフォルダに移動する。
  2. RDPConf.exe をダブルクリックして実行する。
  3.  必要に応じて設定を変更する。

以下の用に、全てグリーンになっていればOKです。

1の手順、2の手順を実施

上記設定が完了したら、1の手順を行って接続を確認してみてください。

 

アルパカFXがオススメする自動売買は、「トライオートFX」です。

リピート系自動売買なので、知識や経験がなくても運用ができます。

また、MT4やVPSといった事前準備も不要な上、証券会社の違いによる誤差もありません。

口座開設と設定も簡単ですので、まずはアカウントを作って少額から始めてみましょう。

 

トライオート

シストレi-NET
トレイダーズ証券[みんなのFX]