FXのストップレベルをMT4で確認する方法

FXのストップレベルとは何か

MT4/MT5で指値や逆指値を入れるときに、「ストップレベル」が関係してきます。

このストップレベルは、現在のレートに近すぎるレートには予約注文(指値、逆指値)は出せないという数値です。

例えば、ストップレベルが 5の場合は、現在のレートから5pips以内の範囲では予約注文が出せません。

理由としては、レートが近すぎる注文は、サーバー負荷の原因になるため、制限を儲けられていることが多いです。

一般的なトレードスタイルだと、あまりこだわるポイントではないかもしれませんが、リピート系自動売買(EA)の場合、このストップレベルが重要になってきます。

リピート系とは、こういうものですね。各証券会社が「ループイフダン」、「トラリピ」等と呼んでいるサービスです。

リピート系注文のことを「グリッドトレード」と本来呼びますが、こういったトレードスタイルは、常に指値を入れていくことで成り立っています。

もし、ストップレベルが10とかだと、間隔値が広くなってしまうということですね。

MT4/MT5でストップレベルを確認する方法

MT4/MT5でストップレベルを確認する方法は、実は非常に簡単です。

メニューから、表示>気配値表示で通貨ペアの一覧を開きます。

気配値の中から、通貨ペアを選んで右クリック「仕様」をクリックします。

一覧が表示され、上部にストップレベルが表示されます。

この場合は、40と記載されているので、4pipsですね。XMスタンダード口座の場合は、これぐらいのようです。

証券会社各社のストップレベルの比較

ストップレベルは各社によって異なります。国内FX証券会社はストップレベルが0のものが多いようです。

反対に海外FX証券会社はストップが5pips前後となります。これは、取引方式の違いとも関係がありそうですね。

メジャー通貨のドル円を例に確認してみます。

国内FX業者

外為ファイネスト、OANDAは両建て可能、ストップレベルなしとなります。

業者名両建てストップレベル(指値発注制限) ドル円
外為ファイネスト / MT4 ZERO可能なし
OANDA JAPAN / MT4可能なし
FXトレード・ファイナンシャル可能5.0pips(50)

海外FX業者

XMやFXDDはストップレベルがありますが、Titan、Axioryは両建て可能でストップレベルなしとなります。

業者名両建てストップレベル(指値発注制限) ドル円
XM可能4.0pips(40)
Titan可能なし
FXDD可能10.0pips(100)
Axiory可能なし

まとめ

FXのストップレベルをMT4で確認する方法は、

MT4メニューから気配値表示で通貨ペアを右クリックして「仕様」を選択すると確認できます。

また、リピート系注文が可能な口座は、国内FX業者ならOANDAや、外為ファイネスト、海外FX業者ならTitanがおすすめと言えます。

アルパカFXがオススメする自動売買は、「トライオートFX」です。

リピート系自動売買なので、知識や経験がなくても運用ができます。

また、MT4やVPSといった事前準備も不要な上、証券会社の違いによる誤差もありません。

口座開設と設定も簡単ですので、まずはアカウントを作って少額から始めてみましょう。

 

トライオート

シストレi-NET
トレイダーズ証券[みんなのFX]