Spiral_M1AUDCADの評判|メジャーアップデートしたって知ってる?

Spiral_M1AUDCADメジャーアップデートのお知らせ

Spiral_M1AUDCADは2018/11月にメジャーアップデート

新米EAトレーダー
アルパカさん!Spiral_M1AUDCADからアップデートのお知らせが来ましたね!
アルパカFX
ようやく来ましたね!週末クローズの不具合等の改善から、なんといってもドローダウンやエントリー精度が大幅に向上したというのが今回のお知らせです。
新米EAトレーダー
もはや別物ですね笑 これは楽しみです。

Spiral_M1AUDCADは、2018年11月21日にメジャーアップデートされver.3になりました。

Spiral_M1AUDCADバージョンアップ内容(ver.3.00)

・内部ロジックのパラメータチューニング(精度↑、取引数↓)
・タイムフィルターをMT4時刻で統一
・エントリー禁止日のパラメータを追加
・週末クローズの不具合を修正
・クローズエントリが短期間で行われる不具合を修正

 

アップデート後は、精度が向上し、取引回数が減ったことで、大きなドローダウンがなくなりました。

Spiral_M1AUDCAD

Spiral_M1AUDCAD | GogoJungle

エントリー回数、精度、スプレッド、ドローダウンが改善

開発者のワイぞーさんの方からもコメントがありますが、ゴゴジャンのバックテストは古いバージョンのものとなります。

現在のバージョンはドローダウンが約半減と改善されていることに注目です。

 

アルパカFX

メジャーアップデートに伴い、安定感が増しましたね。

マイナー通貨ということもあり、スプレッド負けすることも度々ありましたが、今回のアップデートでスプレッドにも改善が入ったことは大きいです。

Spiral_M1AUDCADはマイナー通貨で自動売買

ゴゴジャン人気ブロガーもおすすめのEA

ゴゴジャン人気ブロガーに、10年以上為替をされているパイナップルさんという方がいるのですが、この方が記事に取り上げたことで人気を博しました。

アルパカFX
ゴゴジャンの投資ナビには、アルパカも出していますが、多くの人気FXトレーダーさんや情報屋さんが解説をしていますよ。

通貨の特性を利用した時間帯縛りのEA

Spiral_M1AUDCADは時間フィルターが搭載されています。

これによりエントリーは18時から2時の間にエントリーするようになっています。この時間帯は比較的穏やかな動きをすることが多いため、その特性を活かした作りとなっています。

月曜日は市場の開始直後は動かないようになっており、金曜日にクローズさせるのも特徴と言えそうです。

エントリーは2分割のナンピン型

エントリーは最大2回となります。ナンピン前提の仕組みとなるので、スプレッド調整が必要となります。

ドルコスト平均法と同じく、ポジションを分散するほど、予想に反した相場に対して総合的に有利な価格で取引できます。

最大ポジション数を2に制限することで,この優位性を保ちつつリスクを抑え管理しやすいEAを実現しました。

アルパカFX
2回エントリー前提なので、ロット調整は意識して行って下さい。前バージョンに比べるとドローダウンは改善されていますが、それでもドローダウンはしっかりと考慮する必要があります。

Spiral_M1AUDCAD

マイナー通貨ペアで穏やかなトレードを逆張りで

AUDCADという、比較的穏やかな通貨ペアを対象に取引を行います。

穏やかというのはレンジを取りやすいということになりますが、この利点を活かした逆張りロジックが特徴です。

逆張りというと、相場がトレンドを持ってしまった際に、含み損を大きく抱えやすいのが特徴ですが、運用時間を穏やかな時間に限定する等の対応で、安定感を出しています。

マイナー通貨ならではの弱点 スプレッド

マイナー通貨ならではの弱点というものがあります。

それは、スプレッドです。

海外FX口座のXMのスプレッドですと2-3pipsと比較的広いスプレッドとなります。運用には低スプレッドのZERO口座が良さそうです。

Spiralではスプレッド2pipsまで対応がされています。

関連記事

XM口座開設時、追加口座開設時に悩むのが口座タイプXM(XM trading)口座開設時に必ず悩むのが、口座タイプです。最初は特に考えずにスタンダードを選んだとしても、後で必ず悩みます。私自身、スタンダード→ZERO→スタンダー[…]

Spiral_M1AUDCADのフォワードテスト(リアル検証)

こちらは、運用初期からのデータです。リリース直後は、非常に安定した成績で運用がされていました。

しかし、特に2018年7月から9月にかけてのドローダウンが大きく、開発者の方でも大幅な改善が行われました。

こちらは、メジャーアップデートされてからの運用状況です。トレード頻度が下がり、運用に全体的に落ち着きが出たようです。

Spiral_M1AUDCADのバックテスト

こちらは、バージョン2のバックテストとなります。

バージョン3はトレード回数が減るものの、ドローダウンが約半減します。

Spiral_M1AUDCAD取扱サイト

Spiral_M1AUDCADの取扱はGogojungle(ゴゴジャン、fx-on)TRADERS-Proのみとなります。

取扱サイト公式取扱可否
Gogojungle(ゴゴジャン、fx-on)公式サイト
テラス(Teracce)公式サイト
TRADERS-Pro公式サイト
EA-BANK公式サイト

※TRADERS-PRO、EA-BANKのEAはバージョンが古い可能性がありますのでご注意下さい。

Spiral_M1AUDCAD まとめ

AUDCADというマイナー通貨の安定度合いを狙った逆張りナンピン型EA。

ただし、通貨の特性をうまく活かし、大きなドローダウンもなく安定稼働が出来ることが特徴。

バージョン3では、更に精度があがり、今後の運用に期待が持てます。

Spiral_M1AUDCAD

アルパカFXがオススメする自動売買は、「トライオートFX」です。

リピート系自動売買なので、知識や経験がなくても運用ができます。

また、MT4やVPSといった事前準備も不要な上、証券会社の違いによる誤差もありません。

口座開設と設定も簡単ですので、まずはアカウントを作って少額から始めてみましょう。

 

トライオート

シストレi-NET
トレイダーズ証券[みんなのFX]