Quant analyzerの使い方を徹底解説|2019年版

EA分析のQuant Analyzerで何ができる?

アルパカFX
Quant Analyzerって何ができるか知っていますか?
新米EAトレーダー
よくEA使っている人たちが分析するのに使うのを聞くのですが、実際どうやっているのかよくわからないです。もし簡単だったら興味ありますね。
アルパカFX

使い方は簡単ですし、必要な機能は十分無料で使えますよ。これを使うことで、EAの相関関係もわかるようになるので、是非使ってみましょう!

そして、2019年は、チャート分析の年にして、脱勝てないトレーダです!

新米EAトレーダー
おっ、おー!

Quant Analyzerでできる事

Quant Analyzerは、無料で使用できるツールで、リアル口座の売買履歴やバックテストのデータを読み込んで分析をすることができます。

Quant Analyzerで表示できることは以下の通りとなります。

    • 損益
    • トレード数
    • PF
    • トレードの一覧(獲得pipsも表示)
    • 損益チャート
    • 年別・月別・週別・日別・曜日別・時間帯別の収支分析
  • 複数EAを選択してドローダウンの確認
  • 複数EAの相関関係の確認
アルパカFX
Myfxbookでも似たようなデータを確認することができますよ。複数のEAのバックテスト分析等より詳細な検証は、Quant Analyzerのほうが優れていると言えます。

Quant Analyzerでできない事

同一口座内で複数のEAを走らせている場合、Magic Number(マジックナンバー)でEAごとに管理されていますが、このマジックナンバーをレポートで出力することができないため、EA別にフィルタリングすることができません。

EAごとにレポートを作成、読み込みを行うことで、相関関係を確認することができます。

myfxbookですと、マジックナンバーを管理しているため、EAごとにトレード結果を表示することが可能となります。

Quant Analyzerをインストール

Quant Analyzerをダウンロード

Quant Analyzerホームページへ行き、メール登録を行います。

Quant Analyzerホームページ

GET FREEボタンをクリックし、Name(名前)とEmailを入力し、Get FREE versionをクリックします。

入力したメール宛に、URL認証メールが届きますのでそちらをクリックします。

ダウンロードボタンが表示された画面に遷移するので、32bit、64bitいずれかをダウンロードします。

自分のWindowsが32bitか64bitか確認する方法

コントロールパネル > システムとセキュリティ >システム を開くと、システムの種類に記載があります。ご自分のPCの設定に合わせてソフトをご利用下さい。

Quant Analyzerをインストールして認証

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールを行います。

起動後、無料ライセンスの認証登録画面が表示されます。

受信メールを再度確認いただくと、無料ライセンスIDが記載されたメールが届いているはずです。

こちらを入力すると、準備完了です。

 

新米EAトレーダー
インストールは特に難しくはないかな。ただ、全部英語だよ。なんとなくわかるところもあるけど困ったな。
アルパカFX
そうですね。まだ日本語のパッチ等は出ていないので、英語で使うしかないですね。ただ、見たい内容は可視化されているので大まかなところはわかるかと思いますよ。

Quant Analyzerの日本語化について

残念ながら、日本語対応は現在のところ予定がされていません。

こちらのサイトでもできるだけ日本語の解説をしていきますので、ご参考下さい!

QuantAnalyzerに分析したいトレード結果を読み込む

QuantAnalyzerで分析したいデータを取り出す。

アルパカFX
早速使ってみましょう。手元にリアルトレードか、デモトレード、もしくはバックテストのデータはある?
新米EAトレーダー
リアルトレードならMT4の中にあります。でも、どうやって出したら良いでしょうか。。

MT4を開いて、ターミナルウィンドウの「口座履歴」を右クリックして、「(詳細の)レポートの保存」(どちらでも大丈夫です)を選択すると、レポートが出力できます。

 

アルパカFX
バックテストの場合は、ストラテジーテスターウィンドウの「結果」タブを右クリックすると同様に保存できます。

保存したレポートを今度は、QuantAnalyzerに読み込ませます。

QuantAnalyzerのメニューに有る「File」>「Load Report」をクリックします。

読み込みが完了したら、OverViewにトレードに関する情報が、可視化されます。

 

新米EAトレーダー
おおお!なんだか細かい事はよく分からないけど色々なデータが表示されました!
アルパカFX
おめでとうございます!ここまでこれば、あとは中のデータを見て分析する作業になりますね。使い方の方も見ていきましょう。

QuantAnalyzerの使い方 日本語解説

 

アルパカFX
ここからは実際にどんなデータが閲覧できるか見ていきましょう。データはたくさん入っているEAのバックテストを持ってきました。

Overview(概要)

最終利益、トレード回数、ドローダウン他

Overview(概要)では、トレードに関する情報がまとまって表示されています。

[Quant Analyzer Overview(概要)日本語]
  • #TOTAL PROFIT : 最終損益
    • PROFIT IN MONEY : 損益金額
    • YEARLY AVG PROFIT:年間獲得利益(pips)
    • YEARLY AVG % RETURN : 平均利回り
    • CAGR: 年平均成長率
  • #OF TRADES : トレード回数
  • SHARPE RATIO : シャープレシオ
  • PROFIT FACTOR : PF(プロフィットファクター)
  • RETURN / DD RATIO : リスクリターン率
  • WINNING PERCENTAGE : 勝率
  • DRAWDOWN : ドローダウン
  • % DRAWDOWN : ドローダウン率
  • DAILY AVG PROFIT : 1日あたりの平均利益(pips)
  • MONTHLY AVG PROFIT : 月あたりの平均利益(pips)
  • AVERAGE TRADE : トレードあたりの平均獲得pips
  • ANNUAL % / MAX DD % : 1年のドローダウン / 最大ドローダウン
  • R EXPECTANCY : R期待値
  • R EXPECTANCY SCORE:  R期待値スコア
  • STR QUALITY NUMBER:  STR数?
  • SQN SCORE: システム品質スコア(System Quality Number)

 

年間ごとの月間パフォーマンス一覧

 

新米EAトレーダー
こんなものが見れるのですね!これさえあれば年間通して、月間の勝率が手に取るようにわかりますね!
アルパカFX
そうなんです。結構多くのEA開発者さんが出したがらないものでもあります。そりゃ赤字が売れにくくなるじゃないですか笑

LIst of trades(トレード一覧)

[Quant Analyzer LIst of trades(トレード一覧) 日本語]
  • Data : トレード通貨ペア選択
  • Direction : ロング/ショート/ロング&ショート
  • Choose view : カラム表示選択(レンジアイコンで個別設定可能)
  • CSV保存

 

表示している項目は、非常に多いですが、レンジアイコンをクリックすることで任意に変更が可能です。

Commulative XXXは、加算を表します。

例えばP/L in money: 損益(金額)に対して、Communlative moneyは、各トレードごとに加算をしていく損益となります。最終レコードの金額=獲得金額です。

また、MT4上には表示されない、獲得pipsもこちらで確認を行うことが可能です。

アルパカFX
ロット変更をしている場合は、P/L in pips(獲得pips)を確認することで、各トレードで何pips取得したか確認ができますね。

Equiety chart(エクイティチャート、有効証拠金チャート)

有効証拠金 = 証拠金残高 - 未決済損益

ここでは、Direction(ロングかショート)に注目してみましょう。

上記のチャートですが、実はロングとショートで10年間での獲得額が大きく異なります。

ロングの場合、上記チャートと似通っています。ドローダウンは定期的に発生しているもの、着実に利益を積み重ねていっています。

ショートの場合です。こちらは、複数年間にまたって、ドローダウンを繰り返しながら、約5年間停滞期を挟んでいるのです。

このことから、このEAはショートに弱く、ロングに一定の安定感があるということが言えます。上記は、わかり易い例ですが、EAを注意深く観察していく中で、見えてくるものがありますね。

新米EAトレーダー
ショートとロングでこんなに違うんですね!
アルパカFX
このEAはねこ博士のScal_USDJPYとなります。実はロング方向とショート方向で、フィルタもかけられるので、現在運用している方がもし入れば、ロング方向だけにすることで、安定感は増す可能性がありますね。

 

アルパカFX
今後も、こちらに追記をしていきますのでお楽しみに!

 

アルパカFXがオススメする自動売買は、「トライオートFX」です。

リピート系自動売買なので、知識や経験がなくても運用ができます。

また、MT4やVPSといった事前準備も不要な上、証券会社の違いによる誤差もありません。

口座開設と設定も簡単ですので、まずはアカウントを作って少額から始めてみましょう。

 

トライオート

シストレi-NET
トレイダーズ証券[みんなのFX]

Quant Analyzerの最新記事8件