世界の大気汚染2019ランキング|汚染の原因や改善具合は?

※2019年3月5日にAirVisualが2018年の大気汚染国ランキングを発表しました。こちらのランキングはページ下部を御覧ください。

アルパカFX

世界の大気汚染の状況がリアルタイムで分かる「世界の大気汚染:リアルタイム気質指数ビジュアルマップ」を元に、2019年1月18日(午前中)の世界ランキングを出してみました。日毎に変わりますのでご注意くださいね。

このページは定期的に更新となります。

追記:2019/3/5時点で韓国ソウルが大気汚染ランキング1位に!

こちらは最新のニュースを追記。2019年3月5日ソウルが大気汚染で最もひどい国となったようです。

もともと大気汚染が高い状態ではありましたが、今回他国を抜いての1位となりました。

南山タワーはもはや見えません。

引用元:RKBニュース

 

これまで、中国側に原因があるとされてきましたが、中国が改善傾向にあり、同様にこれまで影響を受けてきた福岡の汚染濃度も下がってきている中、韓国だけ微増という状態に自国内の問題も懸念されています。

特に、韓国は古いディーゼル車が多い国で、古い石炭火力発電所も稼働中のため、これらが原因と見られています。ディーゼル車は政府が推奨したこともあり、改革には時間がかかりそうです。

 

関連リンク:韓国の大気汚染 2019最新情報!日本への影響と旅行状況は?

 

世界の大気汚染ランキング2019/1/18時点

世界の大気汚染の状況がリアルタイムで分かる「世界の大気汚染:リアルタイム気質指数ビジュアルマップ」を元に、2019年1月18日(午前中)の世界ランキングを出してみました。

これは都度変化しますので最新の状態をご確認になりたい場合は、上記よりご確認下さい。

世界の大気汚染ランキング3位 イラン

大気汚染度AQI 500
原因中東では昔から、テヘラン周辺の大気汚染は有名。

原因は自動車及び、バイクの排気ガス。隣国からの砂塵も一因とされています。

冬季に空気が乾燥し、人口密集地帯に淀む事が原因とも言われている。

大気汚染により学校が休校になる等問題が発生。

対策日本のJICAも入って、対策が練られているが現状は調査が中心の模様。
アルパカFX
どこの国も、原因は車やバイクの排気ガス、工場、あとは季節的な要因があるようですね。

世界の大気汚染ランキング2位 インド

大気汚染度AQI 677
原因首都ニューデリーを中心に大気汚染が急速に深刻化。

自動車、リキシャー、特にディーゼル車駕爆発的に増えていることが原因。首都圏だけで、毎日1400台ずつ増えている。それら120万台を超える車が、都心と近郊都市を行き来している。

専門家たちによると、デリーの大気汚染は1日44本のタバコを吸うのに等しいとのこと。

大気汚染によって、年間120万人が死亡しているという報告も。

対策ディーゼル車への課税、並びに10年以上経過したディーゼル車のデリー通行禁止。新車の排気量の制限。

新車への取り組みが進み始めているが、中古車への取り組みがまだのため、根本的解決はまだ先になりそうである。

(画像出典元 2017年CNN)

アルパカFX
インドは、中国と並んで昔から大気汚染の話を聞きますよね。原因はディーゼル車とのことですが、人口が増え続ける以上、移動手段の確立等、早急に対応しないといけませんね。

世界の大気汚染ランキング1位 メキシコ

大気汚染度AQI 850
原因メキシコシティの人口は約2000万人に上り、日々進化を続けています。

大気汚染の原因は主に自動車の排気ガス。平日の昼間でも渋滞が収まらない状況だそうです。

対策「8年ルール」というものを設けているそうです。これは新車から8年が立つと乗れない日があるようです。

しかし、問題点として、2,3台所有することで、毎日乗れるどころか、街に車の台数が増えてしまったという問題があるようです。

 

(画像出典元 AFP2016年)

 

アルパカFX

バンコクもスモークがかかったようになってるけど、2016年とは言え凄まじいな。

だいぶ改善されたという噂も聞いていたけど、今調べている時点では、大気汚染度1位でした。

新米ねこ

問題解決しようとして、更に問題が出てしまうのはよくありますよね。。

2,3台目を買うとは政府も想像していなかったでしょうね。

中国の大気汚染は2019年改善されていた!

AQIは500と、同率3位ではありますが、場所が1箇所ということから3位県外となりました。

新米EAトレーダー
あれ?日本から見れば、大気汚染と言えば中国じゃなかったでしたっけ?
アルパカFX
中国もまだ、大気汚染具合は良くないですが、改善はされてきているようですよ。これも、日本にいると気づかないかもしれませんが、タイに住んでいると、大気汚染に敏感な分、情報として聞くことがあります。

同市にある米大使館の観測データによると、2008年以降で汚染レベルが最も低かった7カ月のうち、5カ月が昨年の夏以降に記録された。これは、政府が同市とその周辺地域で石炭の使用を制限する政策を強化したのと時を同じくする。今年7月の汚染レベルはPM2.5(微小粒子状物質)の測定値が1立方メートル当たり平均44マイクログラムと、観測が始まった08年以降で7番目に低かった。

Sankei Bizより

アルパカFX

中国は、大気汚染をの改善を国家課題と挙げ、国家手動で改善に取り組みました。

数百万に登る企業や仮定が使用する燃料を石炭から天然ガスへ切り替えさせたそうです。

新米EAトレーダー
そう言えば、バイクも電気バイクがいっぱい走っていますよね。
アルパカFX
そうですね。中国はやはり国家手動で動けるところがすごいですよね。

番外編 2019年日本で一番大気汚染がひどい場所は?

新米EAトレーダー
九州が全体的に黄色いですけど、都心地はどこも黄色ですね。
アルパカFX

曜日や時間によって変わりますが、日本はやはりきれいですね。

空気清浄機を使う意味はやはり、タバコと、家焼き肉、花粉症という感じでしょうか。

2018年の世界大気汚染PM2.5ランキング

2019年3月5日にAirVisualが2018年の大気汚染国ランキングを発表しました。

これは公式サイトの方でも閲覧可能ですが、英語のため一部翻訳してこのページで紹介します。

大気汚染女医国はアジアが独占

画像引用:Air Visual

こちらの図は、2018年の大気汚染を色別で記載したものです。

各都市に配置されている計測データを集計し人口比率と掛け合わせてAir Visualが独自に計測したものです。

ランキングは以下の通りとなります。

ランキング国名スコア
1バングラディッシュ97.1
2パキスタン74.3
3インド72.5
4アフガニスタン61.8
5バーレーン59.8
6モンゴル58.5
7クウェート56.0
8ネパール54.2
9アラブ首長国連邦49.9
10ナイジェリア44.8
11インドネシア42.0
12中国41.2
13ウガンダ40.8
14ボスニアヘルツェゴビナ40.0
15マケドニア35.5
16ウズベキスタン34.3
17ベトナム32.9
18スリランカ32.0
19コソボ30.4
20カザフスタン29.8
21ペルー28.0
22エチオピア27.1
23タイ26.4
24ブルガリア25.8
25イラン25.0
26チリ24.9
27韓国24.0
28セルビア23.9
29ポーランド22.4
30クロアチア22.2

都市別ランキング1位はインドのデリー!

都市別では、インドのデリーを筆頭にバングラディッスのダッカ、アフガニスタンのカプールとなりました。

上位都市は以前から大気汚染が懸念されている地区で、改善が進んでいないことが伺えます。

中国の北京は、日本人にとっては大気汚染が高いイメージですが、以前高いものの少しずつ落ち着いてきているようです。

ランキング都市名国名スコア
1デリーインド113.5
2ダッカバングラディッシュ97.1
3カブールアフガニスタン61.8
4マナマバーレーン59.8
5ウランバートルモンゴル58.5
6クウェートクウェート56.0
7カトマンズネパール54.4
8北京中国50.9
9アブダビアラブ首長国連邦48.8
10ジャカルタインドネアシア40.8

 

まとめ 世界の大気汚染の原因は排気ガスが主要な要因

いかがでしたでしょうか。

アジア、中東での大気汚染が以前より高まっています。発展とともに自動車等の排気ガスや工場の増加によってますます懸念されてきているため、一刻も早い対策が必要ですね。

アルパカFX
今回は、タイの大気汚染から派生して、世界の大気汚染具合を調べてみたわけですが、意外と知らないこともありましたね。
新米EAトレーダー
そうですね。2019年も始まったばかりですが、年始から大気汚染の話題になるとは思いもしませんでした。
アルパカFX
大気汚染の主要な原因は排気ガスということですが、中国のように取締を強化する等早期の対応が望まれますね。特に住んでいる人たちにとっては、死活問題ですから。

 

 

タイでも最近は大気汚染が高まっており、政府が様々な対応をしています。興味のある方はこちらも御覧ください。

タイ(バンコク)大気汚染2019|現状や影響は?マスクは必要?

アルパカFXがオススメする自動売買は、「トライオートFX」です。

リピート系自動売買なので、知識や経験がなくても運用ができます。

また、MT4やVPSといった事前準備も不要な上、証券会社の違いによる誤差もありません。

口座開設と設定も簡単ですので、まずはアカウントを作って少額から始めてみましょう。

 

トライオート

シストレi-NET
トレイダーズ証券[みんなのFX]