第4話「FX戦士くるみちゃん」 空前のFXブーム!円キャリートレードに励んでいたのは、まさかの!?

  • 2019年1月31日
  • 2019年3月20日
  • FX漫画

第4話の「FX戦士くるみちゃん」概要

第4話の「FX戦士くるみちゃん」は過去編です。

無事、利確して大損を乗り切ったくるみの心にはモヤが残っています。それは父親との会話。全てを秘密にしたままこっそりお金を返したかったのですが・・・。

話は変わって、くるみが中学生時代に起こった空前のFXブームが舞台になります。そこで、同じ様に円キャリートレンドに励んでいたのは、まさかの・・・。

関連記事

新人投資家FX戦士くるみちゃんの登場人物たちの末路が想像するだけでも怖いんですけどwアルパカFX正直、手に汗握りながら読んでしまいました!FX漫画は本当に体に悪いww「FX戦士[…]

(↓以下一部ネタバレを含みます)

FXトレードを終えたくるみを待っていたのは父親との会話

穏やかじゃない父親からの手紙。

くるみにとってはただごとではないです。だって、家のお金を盗んだのはくるみですから・・・。

 

帰って早々に謝罪します。

「勝手にお金使ってごめんなさい・・・」

くるみちゃんいい子ですね。謝るのが当たり前ですが、中々言い出せないところを間を持たせずに謝ります。

しかし、その後の使用理由を聞かれると、だんまり。

沈黙が続く中、父親からの一言。

くるみにとっては、FXをしたことをお父さんにいうコト自体が「悪」だったのでしょうね。

理由は、この後わかってきますが、父親からFXの一言を言われて安堵します。

 

くるみちゃんは、既に投資ではなくギャンブルになってしまっていましたね。

今回は奇跡的に助かりましたが、このまま続くといずれ破産してしまいそうです。

皆さんは、ギャンブル依存症になる前に一度手を止めてくださいね。もしギャンブル依存症になってしまったら民間団体のギャンブラーズ・アノニマスへ一度足を向けてみて下さい。

関連記事

新米EAトレーダーFXで最近負けたらナンピンしたりロットを倍にしたりギャンブル担ってまして。やめられないです。アルパカFX手が止まらない依存症のようになっているのであれば、民間の団体を利用してみるのも[…]

2005年は空前のFXブーム「円キャリートレード」

史実に基づくなら、日本において円高は2004年末で終わり、2005年から円安が始まりました。

そして、これに乗っかるように誕生したのが「ミセス・ワタナベ」です。

2007年頃から、東京のインターバンク市場にて、為替相場の方向性が、昼をはさんで午後になると、相場を反転させる大きな要因はないにもかかわらず、反対方向(主にドル買い)へ振れる現象がしばしば見られた。

こうした状況が頻繁に起こったため、原因を探っていくと、主に日本の主婦やサラリーマンなどの個人のFX投資家が、昼休みを利用して一斉に円売り・ドル買いの注文を出していたことが判明、相場を左右させるほどの日本の個人投資家の資金力を世界に見せつけた。海外でよく知られた日本人を代表する姓「ワタナベ」から、イギリスの経済紙「エコノミスト」(1997年3月27日号)で「ミセス・ワタナベ」という言葉が使われた

Wikipedia

ミセス・ワタナベって言われるぐらいなので、本当に多くの主婦がFXに手を出しました。

私の父親もこのブームにのっています。(その後、これについて会話をしたことはありません^^;)

 

円安の終わりの引き金はサブプライム問題の「リーマンショック」

円安万歳!スワップウハウハwな時代は、突然終わります。

サブプライムローンの問題が引き金で発生したリーマンショックを経て、急速に円高に向かいます。

つまり、アメリカドルが弱くなったのですね。

訪れたのは全てのロンガーへの平等な死

当時のドル円チャートです。

漫画だと、端折っていますが、円安ブームは2007年に終了しています。

リーマンショックは、円安ブームを支える安値を割り込んだ最後のトドメと言えます。

ここにもリーマンショックの被害者が??

 

FX戦士くるみちゃん第4話の感想

第4話は主に父親との会話と過去編の入り口となりましたね。くるみちゃんがFXを始めたのはどうもこのお母さんがきっかけな気がします。

しっかし、リアル過ぎて怖いですね、この漫画は^^;

関連記事

新人投資家FX戦士くるみちゃんの登場人物たちの末路が想像するだけでも怖いんですけどwアルパカFX正直、手に汗握りながら読んでしまいました!FX漫画は本当に体に悪いww「FX戦士[…]

FX戦士くるみちゃんが最初に挑んだのは海外FX口座でした。

FX初心者は海外FX口座に絶対手を出してはいけません。

理由は単純で、どれだけ勉強したって、「俺は他のやつとは違う」と思い込んでもほぼ100%最後はお金を失います。

これは、一度損失を発生させたときに対応できる経験がないからです。

FXはたった一度の判断の延期が、全てを持ち去ってしまいます。

たった一回損切りができなかった事がきっかけで、ルールは崩壊します。

一度守れなかったルールは次も守れません。そして、海外FX口座特有のハイレバゆえ、最後は戻ってこない相場と共にThe ENDです。

周りで初心者から負けなかった人は50人ぐらい話して2人しか知りません。有名な講師ですら、一度退場していたり普通にあります。

 

あなたがもし初心者なら、以下を気をつけて下さい。

 

 

 

「アルパカFXは海外FX口座XM使ってるじゃん!」って思うかもしれませんが、私も国内からスタートですよ。だからお金を全て失わず、相場に残ることができました。(付け加えるなら、その後、海外FX業者に移って一度資金管理を失敗して入金した資金を飛ばしています。付け加えるならクレジット入金しています。)

1. 国内FX口座で低レバレッジでFXを始める

くるみちゃんと同じ様に勉強してから、低レバレッジ、10万円で始める方法です。

これなら、国内のレバレッジの規制上、多少の損失はあっても全てを失うことはほぼないです。

国内ならMT4でも利用できるOANDAがお薦めです。(私の師匠から薦められたのがきっかけですが、プロも利用している証券会社です。)

OANDA JAPAN 口座開設
OANDA JAPAN 口座開設

2.海外FX口座で低資金で始める

海外FX口座で1万円から初めて見るのも良いかもしれません。

その場合、この1万円は0になる可能性が十分にあります。例え少額で始めたとしても、最終的にはレバレッジを上げすぎて全てを失う可能性が十分にあります。

そうであるがゆえに、決して手持ちの資金の全てを入れたりはしないでくださいね。

 

3. 資金の10%で自動売買で始める

くるみちゃんの様に学習してから始める自身がない場合は、自動売買をおすすめします。

自動売買は知識や経験が少なくても始められますが、全額口座に入れるのではなく、資金の10%程度を入れる等少額からの運用を心がけて下さい。100万円持っているから100万円で始めるというのは含み損を抱えてしまった際に心理的に耐えられなくなります。

まずは10万円で始められるループイフダンで、FXの雰囲気を知ることをおすすめします。

ループイフダン
4.6

シストレi-NET

【現在運用中!】口座開設から運用開始までが簡単で10万円から始められる初心者にお薦めのシストレです。コツコツ利益を積み上げていってくれるのがとにかく強いです!30000円のキャッシュバック付!

ループイフダンはエンジョイFXでも「現在運用中」のシストレです。

口座開設から運用開始までが簡単で10万円から始められます。

コツコツ利益を積み上げていってくれるのがとにかく強いです!

 

シストレi-NET
トレイダーズ証券[みんなのFX]