Avail -USDJPY-の評判と検証!【Ore eraさんインタビュー付】勝率100%を徹底的に追求した1ポジショントレードEA

新人投資家
Avail -USDJPY-っていうEAが話題になっているんだけど、初めて見る作者さん何だよね。
アルパカFX

そうだね。EAの成績が非常に堅実に伸びていることで注目を集めているね。

ナンピン系ではなく、1ポジション型なのでドローダウンの予測もしやすく使い勝手の良いEAだね!

Avail -USDJPY- | GogoJungle

Availの開発者 Ore eraさんにインタビュー

Availとは勝率100%を徹底的に追求した1ポジショントレードEA!

Availの開発者 Ore eraさんにインタビューさせていただきました。

スカイプで10分のお話をお聞きする予定が気づけば1時間を超えていたのですが、とてもEAに長年真摯に取り組まれている方でした。

新人投資家
AvailってどんなEAですか?他のEAとは何が違うのですか?
Ore era

「Avail -USDJPY-」は、勝率100%を徹底的に追求した、1ポジショントレードEAです。

TakeProfit、StopLoss、ともに設定を変更できますが、ここで設定した値は固定値です。1回のトレードあたりの、TakeProfit値に達して「買った場合はいくらか」、またはStopLoss値に達して「損切り幅はいくらか」といったことがトレードの前から明確に決まっています。
規定値では、TakeProfitが「12(=12銭)」、StopLossが「105(105銭)」となっています。

もし推奨設定の通りにLotsを「1.0」として場合、利確の場合はプラス12,000円、ロスカットの場合はマイナス105,000円となります。
約8.8倍近い開きがあります。単なる確率論から言っても、8.8回に1回は負けてもプラスマイナス0です。

しかし、「Avail -USDJPY-」はこの確率論だけでは説明しがたい実績を示しています。

バックテスト、そして現在勝率100%のフォワード。

ここが明らかに違う、「Avail -USDJPY-」は、勝率100%を徹底的に追求した、1ポジショントレードEAなのです。それでも長い間には、損切りをする場面が訪れてしまうかもしれません

そのとき、大きな含み損を抱えていた場合に損切幅が不明だったとしたら、「損切りを抱えた場合にいつロスカットされるのだろう」、または「ここでロスカットされたらどうしよう」などの心理も当然に働き、気が気でなく夜も眠れません。

やはり、私のプレゼンを信じ、またはこのEAに惚れてご利用していただいているのだから、そのご利用者様が効率よく”安心して”成果を上げていただくことを願い実行していかなくてはなりません

「Avail -USDJPY-」はそういった私の意志を強く受け継ぎ、分かりやすく、そして本当に究極に勝率にこだわったEAなのです。

 

新人投資家
並々ならぬ想いが伝わってくるね!
アルパカFX

そうだね。実際お話していてもすごく数学的なお話をされつつも、とても情熱的な方だったよ!

正直、高勝率って普段気持ちいいんだけど、含み損を抱える時苦しいんだよね。ましてやドローダウンの時は。。

このEAは高勝率なのに損切り幅が薄い事、1ポジションなことがとても健全だなって感じるよ!

このEAってどんな人に向いているの?

 

新人投資家
このEAってどんな人に向いているんですか?

 

Ore era

ポートフォリオの一員としてご利用いただきたいと思っております。
まずポートフォリオに対する私の考えを。

そこでわかりやすいと思いますので、良策とは言えないことからお話します。
ナンピン系のEAは、ポートフォリオを組むには適していないと思っています。

特にロスカット機能のない単なる買い足しを行なうだけのナンピン型は、いつか破綻を招く可能性が極めて高いと思っています。
そしてポートフォリオを組んだ場合では、他のEAが獲得した成果を一気に打ち消してしまう恐れがあります。

次にナンピンEA以外でのポートフォリオを組むことを前提にお話します。
ポートフォリオを組む場合は、この「Avail -USDJPY-」に限ったことではありませんが、ペアや手法などが異なる組み合わせにした方が得策だと思っています。

ポートフォリオの大きな目的の1つとしては、投資のリスクを抑えるのに有効な「分散投資」があげられます。

EAは異なっていたとしても、同じようなものを集めては目的の分散投資を効率よく行なうことが出来ません。

たとえば同じペアや同じ足、また同じ張り方(順張りor逆張り、ブレイクアウト狙いなど)のEAばかりを集めても結果として同じようなパターンでトレードを行なう集合体になってしまいます。

しかし1ポジションでありながら圧倒的な勝率の「Avail -USDJPY-」では、実行されているチャートの時間足からだけではなく、他の時間足などからも多くの情報を収集し、過去の経験と現在の状況、そして今後を予測し、それらを勘案して判断が行なわれていますので決まったパターンにとらわれないトレードを行います。

「Avail -USDJPY-」はどのようなEAと組み合わせても独自のトレードを行ない、安定的な成果を期待できます。

新人投資家
ん!?今後?
アルパカFX

うん、詳しくは企業秘密なんだけど、常に過去と現在の値動きを元に今後の値動きを想定する作りになっているんだ。

だから、常に予測しながら動いているってことだね。

AvailさんはEA開発十数年のシステムエンジニア

 

新人投資家

ところで、Availさんって初めて聞くんだけど何者ですか!?

なんか随分EAに詳しいのはわかったのですが・・・

Ore era

私はシステムエンジニア一筋に生きてきました。
そして現在はシステム開発会社を経営しています。

FXは個人的には十数年以上前から取り組んでいますが、自動売買については今から十数年ほど前に、あるユーザ様から自動売買システムの開発依頼があったことです。
それから自身でも自動売買プログラムの開発を行なってきました。

新人投資家

えっ、そんなに長いんだ!ゴゴジャンは初なんですよね。

普段どんなふうに開発されているんですか?

Ore era

知人に紹介されたので面白そうだなと。これまではクライアントさまと自分用に利用していました。

私の開発方法は少しかわっているかもしれません
まずトレード方法(取得、決済)について仮説を立てます。
このような手法でトレードを行なえば利益を出せるのではないか、と。
そしてEAの開発に着手するまえに、その仮説が正しいかどうか検証をするツールを作ります。

MT4上で動き、言語はMQL4です。

これを作成するといくつかの利点があります。

まずはバックテストのように長時間後にやっとシュミレート結果を知るのではなく、損益については期間別に数秒でバックテストと同じような結果が得られます。

結果を数秒で知ることが出来るということは、より効果的な設定値を見つけることも短時間で行なえます。

また必要に応じて、他のインジケータの乗せて条件を付加した場合なども試すことができます。

他のペアや、いろいろな時間足も対応しますので、それぞれの結果も瞬時に知ることができます。

そして勝算があると判断できた場合にのみEAの開発に入ります

完成後にはもちろんバックテストを行いますが、その時点ではどのくらいの成績が出るかは既にわかっています。

この開発方法は今から5年ほど前から始めていますが、それ以前から比べると開発時間が数分の一に短縮できるようになりました。
また、より効果的な設定値を見つけてセットすることができ、そしていくつかの有効的なペアや時間足の開発も同時に行なえるようになりました。

今後もこの手法でEA開発を行っていこうと思っております。

新人投資家
アルパカさん、検証の仕方見せてもらったんだよね。
アルパカFX

うん!そのEA専用の検証ツールがあって、設定値を変更することで瞬時に過去の推移が見れたよ。
自分が知っているEA作りとは全然違ってびっくりしたかな!

長時間に渡るインタビューありがとうございました!

※Ore eraさんのコメントは原文ままとなります。

Avail -USDJPY-のフォワードテスト


Avail -USDJPY- | GogoJungle

Avail -USDJPY-のEA情報

フォワードテスト収益状況

プロフィットファクター
リスクリターン率
4
収益率(全期間)
39.38%
勝率
100.00% (19/19)
最大保有ポジション数
1
最大ドローダウン
8.21% (54,922円)

ストラテジー

通貨ペア[USD/JPY]
取引スタイル
[デイトレード][スイングトレード]
最大ポジション数
1
運用タイプ
1枚運用
使用時間足
H1
最大ストップロス
105その他: パラメータで変更可能
テイクプロフィット
12その他: パラメータで変更可能
両建て
なし
運用可能会社
FOREX.com(JP)
外為ファイネスト
楽天証券
FXトレードフィナンシャル
OANDA JAPAN
EZインベスト証券
販売開始日
2019年1月25日
価格
¥12,800 (税込)
利用者数
51名
出品者名
Ore era

 

アルパカFX

ストップロスを広めにとっているEAだね。初期設定では60時間保有すると強制的にクローズするよ。

1ポジション型なので、他の同系列(スキャル型でストップロス広め)のドローダウンは一定に抑えることが出来るのが特徴だよ。

Avail -USDJPY-の出品者はOre era

Avail -USDJPY-の作者はOre eraさんです。
Ore eraさんはゴゴジャンではAvailが初のリリースとなります。

Avail -USDJPY-の口コミ・評判

現在、口コミ等はありません。

Avail -USDJPY-のバックテスト検証

一定のドローダウンは発生。

定期的にドローダウンが発生するのはコツコツ型EAの宿命と言えます。

ナンピンや複数ポジションを抱えないことから、ドローダウンを伴っても復帰率が高いEAと言えそうです。

ドローダウンが11%と一般より高いため、資金に対して運用は抑えめにされたほうが良さそうです。

Avail -USDJPY-のよくある質問

ストップロス以外で、損切りすることはありますか? 例えば、経済指標発表等で、一方的に逆トレンドにいった場合、ストップロスまでまっしぐらでしょうか?

損切りはロスカット以外に、もうひとつございます。

一定時間を経過した時にポジションを保有していた場合、その時点の保有損益にかかわらず、強制的に決済するという機能です。 商品ページは、「取得後経過時間の設定」として書かせていただいております。

この機能はデフォルトでは”無効”になっておりますので、必要に応じてパラメータ「CloseBar_Switch」を「true」にしてお使いいただきます。 今後とも何卒よろしくお願い致します。

Avail -USDJPY-のパラメーター

・マジックナンバー

・ロット調整

・テイクプロフィット(初期は12)

・ストップロス(初期は105)

・最大スプレッド

・トレード最低金額設定(設定値以下の場合は、トレードを行わない)

・週末設定(日付指定、時間指定が可能)

・複利設定

・取得経過時間の設定(初期設定オフ、ポジションを最大何時間保有するか決定)

 

Avail -USDJPY-の推奨証拠金

必要証拠金は、ドル円でレバレッジ25倍、0.1ロット(1万通貨)で約44,000円です。

余裕資金は、デモトレードの結果を信頼した場合、最大ドローダウンは0.1ロットで 1.8万円となります。

推奨運用資金は、 7.2万円となります。

必要証拠金=取引サイズ÷レバレッジ×口座の通貨換算レート

余裕資金 = 最大ドローダウン × 1.5

推奨運用資金(最低資金)=必要証拠金(1) + 余裕資金(2)

※余裕資金は各自倍率を変更下さい

 

Avail -USDJPY-取扱サイト

Avail -USDJPY-の取扱はGogojungle(ゴゴジャン、fx-on)のみとなります。

 

Avail -USDJPY-の検証結果まとめ

高勝率EAとなります。1時間足を利用することから、短期足のEAに比べてテクニカルが効きやすい側面があります。

なお、一定期間ごとに、ドローダウンを積み重ねることはま逃れませんが、取得経過時間の設定を利用することで、含み損時のストレスを軽減することができそうです。

設定を変更する場合は、必ずバックテストを行って下さい。

 

MT4 EAランキング
MT4 EAおすすめ検索
  • コペルニクス・ベーシックUSDJPY版
    4

    通常、EA開発は順張りか逆張りかを決めてから始めるケースが多いのですが、このコペルニクスは、そもそもその概念がありません。よって、トレンド相場・レンジ相場共に不得意ではありません。1年間に渡り好成績を出しているおすすめEAです。

  • 一本勝ち
    5

    毎回買おうと思いながら値段を見て安いEAに手を伸び失敗。負けた金額考えると最初から何も考えずに一本勝ちにすれば良かったと後悔。ゴゴジャンの中で最強EAです。

  • InstaFX Evolution

    1年以上フォワード実績があり好調のInstaFXを元に、最新の相場状況をAI分析して複数のロジックを追加したEA。運用後InstaFXが入ってもEvoは待機する等安全面でより精度が高くなったEAです。

シストレi-NET
トレイダーズ証券[みんなのFX]